アルファードのエクステリアのコンセプトは、圧倒的な威厳と風格

アルファードと言えば、トヨタを代表する高級車です。クラウンと並んで圧倒的な風格と威厳を備えるアルファードは、街で走っているのを見かけると思わず目を奪われる美しさを備えていますよね。そんなアルファード、何がすごいのかというと、やはりまずそのエクステリアではないでしょうか。

もともとはハイエースからの流れをくむアルファードは、ジャンルとしてはミニバンとなります。そんなミニバンなどの車は、エクステリアとしてどうしても「箱が走っている」というイメージが付いて回ります。

クラウンといった高級セダンは、その形自体がすでに雰囲気を持っていますが、アルファードのような大きな車は、「商用車のような雰囲気の箱型車」というイメージからの脱却というのが、とても大切なポイントになります。まして高級車として打ち出していくなら、「まずは外観、まずはエクステリア」というのが何よりも大切となります。

なぜなら、エクステリアは第一印象を左右してしまうからです。パッと見て印象が良くなければ、「あまり見栄えは良くないクルマ」という記憶が完全に脳に刻まれてしまいます。そうなると、そのイメージを後から挽回するのは非常に難しいわけですね。

ましてやパッと見た時の第一印象が「ハコが走っているみたい」と思われてしまえば、それを後から挽回するのは至難の業となります。だからこそ、高級車として世に出てきたアルファードのエクステリアは、他のどのミニバンと比べても「圧倒的に威厳があり、圧倒的に風格があること」というのがコンセプトとなっているのです。

 アルファードのエクステリアは、毎回大きく進化する

現行のアルファードは3代目となります。2015年にデビューした現行の3代目となるアルファードのエクテリアは、もはや完全に「異次元レベルのミニバン」と言っても良いほどのエクステリアとなっています。

同じトヨタのミニバンでも、ヴォクシーやノア、エスティマと比べてみても、まさにコンセプト通り「圧倒的な威厳と風格」というのが感じられるエクステリアとなっていますね。

初代のアルファードは、2002年にデビューしていますが、その時からすでに、他のミニバンはもちろん他のどんな車と比較しても「この車だけは何か次元が違う」といった雰囲気を持っていました。それが2代目のアルファードになって、さらに洗練された形となっています。

2代目アルファードのエクステリアを見て、その時に初めて「アルファードは高級車なんだ」と認識された方も多いそうです。

このようにアルファードのエクステリアは、初代から威厳や風格といったコンセプト通りのエクステリアにはなっていましたが、モデルチェンジをするたびに、大きく進化してきたクルマでもあります。

2015年にデビューした3代目アルファードはもはや完全に「高級車」として認知され、その認知に応えられるだけのエクステリアとなっているのではないでしょうか。

 アルファードのエクステリア、実は革新的だった?

アルファードをはじめとするミニバンというのは、どうしても「箱が走っている感じで、ちょっと見栄えが悪い」というイメージがありました。

もちろんこれはもう10年以上も前の話になりますが、そういった「空間は広いけど見栄えは良くないね」というイメージを、長く持たれ続けていたのです。

それを変えたクルマの一つが、このアルファードです。2002年にデビューしたアルファードのエクステリアは、フロント部分がとてもシャープなイメージとなっていて、それまでのずんぐりむっくりした箱が走っているようなイメージを一掃しました。まさに革新的なエクステリアだったと言えるのではないかと思います。

その後、2代目、3代目と進化を繰り返す中で、さらに洗練されて現在のエクステリアに至ります。

そもそもアルファードというのは、ライバルである日産のエルグランドに対抗するために開発されたクルマです。先述の通り、まずは第一印象。見た瞬間のイメージで「カッコイイ」と思わせる必要もあったのだと思います。

結果として、とても従来のミニバンには見えないような、シャープで洗練されたデザインとなったのではないでしょうか。

アルファードのエクステリア、カラーリングもチェック

アルファードのエクステリアについて、カラーリングもチェックしておきましょう。コンセプトが「圧倒的な威厳と風格」というだけあって、落ち着いたカラーがラインナップされています。

アルファードのカラーバリエーション、まとめ

アルファードのカラーバリエーションは7種となっています。

■ホワイトパールクリスタルシャイン

■ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク

■シルバーメタリック

■グレーメタリック

■ブラック

■スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

■グレイッシュブルーマイカメタリック

アルファードのエクステリア、やはりその魅力は圧倒的過ぎる迫力

アルファードのエクステリアは、3代目になってさらに大きく進化し、もはや他のミニバンを全く寄せ付けない、圧倒的な威厳と風格を手にしました。

わざわざ近くによって見なくても、遠目から見るだけでその迫力というのが十分に伝わってきます。その理由の一つはやはりフェイス周りです。

「押し出し感が強い」というレベルではもはやありません。「押し出し感が圧倒的に強い」というフェイス周りとなっており、ややレクサスも思わせるようなフロントグリル周りのエクステリアとなっています。

まとめ

アルファードのエクステリアをご紹介してきましたが、いかがでしょうか?その圧倒的な威厳と風格、そして迫力というのは、ぜひ実際にお店でご覧になっていただければと思います。アルファードのエクステリアにご興味をお持ちの方は、ぜひ、お近くのお店に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です