アルファードの走行性能は、ポイントが分かりやすい?

アルファードの走行性能というのは、実は非常にポイントが分かりやすくなっています。

やはり高級車に求められる走行性能というのは「コレだ」というのが、ある程度は決まってしまっていますね。それは何かといえば、ずばり「スムーズな加速」と「静粛性」の二つです。もちろん他にも走行性能に関するポイントというのはたくさんあります。

しかしアルファードは高級車として販売されている以上、妥協は許されません。これがたとえばヴォクシーやノアといった2.0Lクラスのミニバンであれば、予算との兼ね合いという「コストパフォーマンス」も考えなくてはいけなくなりますので、どこかは妥協するけど、その分ほかの部分でより優秀な設計となってる、といったようなバランスが重視されます。

加速はスムーズで力強いけど、静粛性は平均的というバランスもありますし、加速は平均的ではあるけれど静粛性ではとても優れているというバランスもあると思います

そういった「こちらを重視すれば、こちらが一般レベルになってしまう」というのは、コストパフォーマンスという要素との兼ね合いがでてくるからだという訳ですね。もちろんこれはこれで、極めて高い技術力や経験、アイデア、知恵というがの必要になってきます。

それに対してアルファードというのは、また少し違った部分についてプレッシャーがあると言えます。つまり、コストパフォーマンスという要素について、2.0Lクラスのミニバンよりも豊富であるという条件になっていますが、その分、走行性能と静粛性といった部分で圧倒的に良いものを出さなくてはいけない、というプレッシャーを抱えているのです。

そんな中で高い評価を受けているのがアルファードだということですね。特にアルファードには2タイプの排気量が設定されています。3.5Lのモデルと、2.5Lのモデルです。後ほど各エンジンのスペックを確認しますが、いずれのモデルも「ミニバンクラスで最高レベルである事」というプレッシャーに耐え、高級車として十分な仕上がりとなっていると言えるでしょう。

アルファードの走行性能、2タイプのエンジンのスペックを確認

アルファードの走行性能というのは、エンジンのタイプによって二つに分かれます。それは、アルファードのエンジンが2タイプに分かれているからなのですが、これは単純に排気量が違うというだけでなく、エンジンのモデルそのものが違うという事になっています。

具体的には3.5L2.5Lのエンジンが選べる形となりますが、3.5LのタイプはV6エンジンなのです。少し専門的になってしまうかもしれませんが、エンジンにはいくつかのタイプがあります。代表的なのは「直列型」「V型」「水平対向型」の3つとなります。

アルファードの2.5Lモデルは直列型となっており、3.5LタイプがV型となっているのですが、本当に大まかに言ってしまうと、3.5LのV型エンジンは振動が少ないというメリットがあります。

ただ、これは同じ3.5L同士で比較しないとあまり意味をなさないという部分もありますし、もう一つのポイントとして、直列エンジンというのはどうしても大きくなってしまってスペースを使用するというデメリットがあります。そのためにV型にしているという部分もありますね。

具体的なスペックとしては、2.5Lタイプが、最高出力134kW(182PS)/6,000rpmとなっており、最大トルクは235Nm(24.0kgfm)/4,100rpmとなっています。

それに対して3.5Lタイプは、最高出力206kW(280PS)/6,200rpmとなっており、最大トルクは344Nm(35.1kgfm)/4,700rpm。これは数字で見ても感覚が掴みにくいかもしれませんが、実際に乗った感想としては「全く別のクルマ」というくらいの差があるといっても過言ではありません。

高級車として完璧さを求めるなら、どちらのエンジンが良い?

高級車として、走行性能により完璧さを求めるのであれば、迷うことなく3.5Lタイプをオススメします。もちろんデメリットがない訳ではありません。

分かりやすいデメリットで言えば、燃費は2.5Lタイプの方が上回ります。しかし、加速性能や静粛性といった高級車としての完璧さで言うなら、間違いなく3.5Lタイプに軍配が上がります。

アルファードの走行性能、ミニバンはすでに新時代に入っている

アルファードの使命は、実は「エルグランドに対抗する事」でした。デビュー当時、ライバルである日産のエルグランドに対して、トヨタはハイエース系の売上をまとめてもエルグランド1車種の売上に勝てなかったそうです。

そこで本気でエルグランドに対抗できるクルマとして生み出されたのがアルファードだという流れがあります。そのため、走行性能についても妥協なく完璧が求められ、それこそクラウンといったような高級車にも劣らない静粛性、加速性能などを手にするようになり、現在の地位を確立するに至りました。

ミニバンの走行性能については、やはりクラウンなどの高級車と同じようにはいかないだろうと思われていましたが、そんな時代はすっかり変わり、すでに現在、「ミニバンであっても高級車クラスになればクラウンなどと変わらない走行性能、静粛性を持っている」というのが常識となりつつありますね。

アルファードの走行性能は、完全にコンセプトに即している

アルファードのコンセプトは、「圧倒的な威厳、風格、そして快適性」です。このコンセプトがエクステリアやインテリアについてはもちろん、走行性能についてまで完璧に一貫されています。

実際に試乗されれば、特に3.5Lタイプの場合はその静粛性と力強さに驚かれるのではないかと思います。仮に2.0Lクラスのミニバンに普段、乗られている方なら、あまりの違いに衝撃を受けるかもしれません。それほど、アルファードの走行性能はコンセプトの通り、圧倒的なレベルとなっています。


まとめ

アルファードの走行性能についてご紹介をしてきましたが、いかがでしょうか?デビュー以来、最高であることがテーマの一つとなっているアルファードですが、現行モデルはそれがさらに洗練されたイメージがあります。

実際の走行性能が気になる方は、ぜひお店に足を運んで、試乗をされてみてはいかがでしょうか。

協力サイト様
【ミニバンらいだー】ミニバン総合情報サイト

アルファードのエクステリアのコンセプトは、圧倒的な威厳と風格

アルファードと言えば、トヨタを代表する高級車です。クラウンと並んで圧倒的な風格と威厳を備えるアルファードは、街で走っているのを見かけると思わず目を奪われる美しさを備えていますよね。そんなアルファード、何がすごいのかというと、やはりまずそのエクステリアではないでしょうか。

もともとはハイエースからの流れをくむアルファードは、ジャンルとしてはミニバンとなります。そんなミニバンなどの車は、エクステリアとしてどうしても「箱が走っている」というイメージが付いて回ります。

クラウンといった高級セダンは、その形自体がすでに雰囲気を持っていますが、アルファードのような大きな車は、「商用車のような雰囲気の箱型車」というイメージからの脱却というのが、とても大切なポイントになります。まして高級車として打ち出していくなら、「まずは外観、まずはエクステリア」というのが何よりも大切となります。

なぜなら、エクステリアは第一印象を左右してしまうからです。パッと見て印象が良くなければ、「あまり見栄えは良くないクルマ」という記憶が完全に脳に刻まれてしまいます。そうなると、そのイメージを後から挽回するのは非常に難しいわけですね。

ましてやパッと見た時の第一印象が「ハコが走っているみたい」と思われてしまえば、それを後から挽回するのは至難の業となります。だからこそ、高級車として世に出てきたアルファードのエクステリアは、他のどのミニバンと比べても「圧倒的に威厳があり、圧倒的に風格があること」というのがコンセプトとなっているのです。

 アルファードのエクステリアは、毎回大きく進化する

現行のアルファードは3代目となります。2015年にデビューした現行の3代目となるアルファードのエクテリアは、もはや完全に「異次元レベルのミニバン」と言っても良いほどのエクステリアとなっています。

同じトヨタのミニバンでも、ヴォクシーやノア、エスティマと比べてみても、まさにコンセプト通り「圧倒的な威厳と風格」というのが感じられるエクステリアとなっていますね。

初代のアルファードは、2002年にデビューしていますが、その時からすでに、他のミニバンはもちろん他のどんな車と比較しても「この車だけは何か次元が違う」といった雰囲気を持っていました。それが2代目のアルファードになって、さらに洗練された形となっています。

2代目アルファードのエクステリアを見て、その時に初めて「アルファードは高級車なんだ」と認識された方も多いそうです。

このようにアルファードのエクステリアは、初代から威厳や風格といったコンセプト通りのエクステリアにはなっていましたが、モデルチェンジをするたびに、大きく進化してきたクルマでもあります。

2015年にデビューした3代目アルファードはもはや完全に「高級車」として認知され、その認知に応えられるだけのエクステリアとなっているのではないでしょうか。

 アルファードのエクステリア、実は革新的だった?

アルファードをはじめとするミニバンというのは、どうしても「箱が走っている感じで、ちょっと見栄えが悪い」というイメージがありました。

もちろんこれはもう10年以上も前の話になりますが、そういった「空間は広いけど見栄えは良くないね」というイメージを、長く持たれ続けていたのです。

それを変えたクルマの一つが、このアルファードです。2002年にデビューしたアルファードのエクステリアは、フロント部分がとてもシャープなイメージとなっていて、それまでのずんぐりむっくりした箱が走っているようなイメージを一掃しました。まさに革新的なエクステリアだったと言えるのではないかと思います。

その後、2代目、3代目と進化を繰り返す中で、さらに洗練されて現在のエクステリアに至ります。

そもそもアルファードというのは、ライバルである日産のエルグランドに対抗するために開発されたクルマです。先述の通り、まずは第一印象。見た瞬間のイメージで「カッコイイ」と思わせる必要もあったのだと思います。

結果として、とても従来のミニバンには見えないような、シャープで洗練されたデザインとなったのではないでしょうか。

アルファードのエクステリア、カラーリングもチェック

アルファードのエクステリアについて、カラーリングもチェックしておきましょう。コンセプトが「圧倒的な威厳と風格」というだけあって、落ち着いたカラーがラインナップされています。

アルファードのカラーバリエーション、まとめ

アルファードのカラーバリエーションは7種となっています。

■ホワイトパールクリスタルシャイン

■ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク

■シルバーメタリック

■グレーメタリック

■ブラック

■スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

■グレイッシュブルーマイカメタリック

アルファードのエクステリア、やはりその魅力は圧倒的過ぎる迫力

アルファードのエクステリアは、3代目になってさらに大きく進化し、もはや他のミニバンを全く寄せ付けない、圧倒的な威厳と風格を手にしました。

わざわざ近くによって見なくても、遠目から見るだけでその迫力というのが十分に伝わってきます。その理由の一つはやはりフェイス周りです。

「押し出し感が強い」というレベルではもはやありません。「押し出し感が圧倒的に強い」というフェイス周りとなっており、ややレクサスも思わせるようなフロントグリル周りのエクステリアとなっています。

まとめ

アルファードのエクステリアをご紹介してきましたが、いかがでしょうか?その圧倒的な威厳と風格、そして迫力というのは、ぜひ実際にお店でご覧になっていただければと思います。アルファードのエクステリアにご興味をお持ちの方は、ぜひ、お近くのお店に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

アルファードのインテリア、コンセプトは「最上級」

同じくトヨタを代表する高級車の一つとしてクラウンの存在がありますが、実は同じ高級車でもアルファードとクラウンには、全く違うレベルの仕上がりとなっているのです。わざわざ言うまでもなく、アルファードはミニバンですので、そもそも「天井が圧倒的に高い」というメリットがあります。

対して同じ高級車のクラウンは、セダンですので天井が低く、どれだけインテリアを洗練させても、豪華にしても「天井が高いことによる解放感」というのは得る事ができません。こ

のようにご紹介をすると、インテリアの良さについてはアルファードにとって有利な印象もありますが、クルマというのはメリットとデメリットが裏表一体で、バランスを取ることで形になっていくものです。天井が高いということは、それだけ見た目が「ずんぐりむっくりしてしまう」という事になります。

実際にアルファードという車は、そのクルマが高級車であることを一般の人達に知ってもらうのに、かなり長い時間がかかりました。今でこそアルファードは高級車として知られるようになりましたが、最初は「大きな乗用車。トヨタで一番大きなワゴン。」といったイメージで、ハイエースが商用車、アルファードは乗用車、といった印象が強かったのです。

もちろんアルファードは2002年のデビュー当時から、「アルファードは高級車である」ということを見せられるように、エクステリアも従来のワゴン車とは全く違った雰囲気を持つ仕上がりになっていました。しかし実際にアルファードが高級車であることを世に広く知らしめたのは、そのインテリアです。

テレビのCMではジャンレノ氏を起用し、内容はインテリアの紹介を軸として構成されていました。その結果、徐々に「最上級であること」を世の中に知られるようになったのです。そんなのアルファードのインテリア、コンセプトは「最上級であること」です。

アルファードのインテリアは、基準は何か?

アルファードのインテリアのコンセプトは「最上級であること」ですが、そもそも最上級とは何を意味するのでしょうか?ここを外してしまうと全く見当違いのクルマになってしまう可能性もありますので、トヨタ側からすれば重要な部分です。

たとえば宝石や金銀を贅沢に使った、いかにも大富豪が乗るようなクルマを「最上級」と呼ぶのか?それともアーティスティックで独創的なデザインとして仕上がっているクルマを「最上級」と呼ぶのか?一言に「最上級だ」と言っても、その意味は様々です。

では実際にアルファードのコンセプトとして何が「最上級」として打ち出されているのかというと、それは、「ゲストのおもてなし」です。簡単に言えば「リラクゼーション」ということですね。

居心地が良くリラックスできる。まるで一流ホテルを感じさせるような、落ち着いてくつろげる空間であること。そういった側面から「最上級であること」を突き詰めたのが、アルファードのインテリアとなっています。

リムジンよりも、ビジネスパーソンに近いインテリア

アルファードのインテリアは、一流ホテルのような居心地の良さという部分で「最上級」が突き詰められています。同じクルマであっても、これはリムジンといった高級車とは少し方向性が違いますね。

リムジンはそもそも「乗れること自体に価値があると感じさせるインテリア」となっており、室内空間としては、そういった「自分がVIPであることを常に認識できるように」ということで、まるでリビングにいるかのような「共有型」のインテリアとなっています。

それに対してアルファードのインテリアというのは、「ゆっくりくつろいで、映画を見ることも仕事をすることもできる」といった、個人のくつろぎを重視した仕上がりとなっていますね。

アルファードのインテリア、運転席の周辺もチェック

アルファードのインテリアについて、運転席周りはどうなっているのかをチェックしてみましょう。メーター関係やシフトレバー、ナビ、エアコンといった基本的な各ユニットについては、とてもオーソドックスで標準的な配置となっています。

スタイリッシュさというよりも、「基本形の最上級」といった印象を受けますね。ただ、各装備については単に基本形の最上級というだけにとどまっていません。

アルファードだからこその装備、アルファードにしかない装備、というのが運転席周りにもセッティングされていますので、細かい部分についてはぜひ公式サイトでチェックをしてみていただければと思います。

 アルファードのインテリア、シートアレンジは別次元のレベル

アルファードのインテリアについて特筆すべきはそのシートアレンジです。たとえば助手席にもスーパーロングスライドが採用されており、オットマンで足をのばしてゆったりとした時間を過ごすことができます。

7人乗りのモデルの場合は、2列目シートも一つ一つが完全に独立しており、圧倒的に高い自由度をほこります。こういったシートアレンジやオットマンの装備は、やはりアルファードならではですね。

まとめ

アルファードのインテリアをチェックしてきましたが、いかがでしたでしょうか?とにかく圧倒的であることが一つの大きな印象ではないかと思います。

同じミニバンとして、ヴォクシーやノア、エスティマといった車もありますが、それらのクラスとは明らかに違う、高級車ならではの仕上がりとなっています。

アルファードのインテリアが気になる方は、ぜひ実際にお店に足を運んで、その「最上級であること」というコンセプトをご自身の五感で確認していただければと思います。